融雪設備がある方がいいの?ボイラーが室内にあるか室外かも大事!!


北海道では融雪設備の有無を確認

北海道では秋の終わりごろから春先まで雪があります。東京では雪は降ってもほとんど積もらないので、賃貸選びをするときに雪をどうするかを考えたりしません。特に雪のない季節に物件を探すときには冬の生活も考えながら選ぶ必要があるでしょう。

北海道の物件においてあると便利なのが融雪設備で、物件の玄関部分や駐車場などに設置されています。これがある部分は雪が積もりにくくなっているので雪かきの必要がありません。一方融雪設備がなければ雪が積もるので雪かきが必要になります。賃貸物件の雪かきは大家さんがやってくれると思うかもしれませんが、ある程度してくれても自分が必要な時にしてもらえるわけではないでしょう。融雪設備の有無は不動産情報などにもあり、必須条件にしておくと良さそうです。

ボイラーが室外か室内か

オフィスビルであれば東京の建物にもボイラー室などがあります。しかし一般の住宅やちょっとした賃貸マンションにはありません。北海道の冬は非常に寒いので何らかの暖房設備が必要で、よくあるのがガスや石油を利用した設備です。賃貸物件であれば各部屋ごとに暖房のためのボイラーがあり、室外タイプ室内タイプがあるのでどちらにするか決めましょう。

室外タイプはボイラーが外にあるので部屋を広く使えるメリットがあります。しかしボイラー部分に雪が積もるとボイラーが使えなくなり暖房トラブルが発生するかもしれません。室内タイプだと雪は積もらないので室外タイプのようなトラブルは起きません。室内にある分居室が狭くなるのがデメリットでしょう。内見の時に室内にあるとどれくらい狭くなるかを確認すると良いでしょう。

札幌の中でも札幌東区の賃貸は交通の便も良く、住みやすい街として知られているのでとても人気があります。