こんな賃貸オフィスもある?簡便でお得な賃貸オフィスを活用しよう!


シェアハウス型の賃貸オフィス

事業を行うにあたり、自分のオフィスを持つことは重要です。顧客の信頼を得るためには、落ち着いて商談できる応接室を備えたオフィスが欠かせないと言えるでしょう。しかしながら、独立したオフィスを借りるには、相当の出費を覚悟しなければなりません。そこで、可能な限り共有の形態を取る賃貸オフィスに注目が集まっています。トイレやエントランスの受付を共有するだけでなく、一室をパーテーションなど簡易な仕切りで細分化し、複数の事業者が利用できるタイプのオフィスも貸し出されているのです。

こうした共有型の賃貸オフィスは、賃料が安く事業者の負担を軽減できます。光熱費も同室の事業者と分配され、単独で部屋を使用する場合より出費を抑えられるでしょう。プライバシーの確保が必要な商談やミーティングは、別室の応接室や会議室を利用できるため、同室の他事業者に情報が洩れる心配もありません。

バーチャルオフィスを活用しよう!

バーチャルオフィスと言えば、住所や電話番号を貸し、電話対応や郵便物の転送をするだけで、オフィスとして実体が無いというイメージがあるかもしれません。しかし、共有のエントランスに受付がいて来訪者の対応を行い、応接室で商談できるところも珍しくないのです。エントランスの壁には事業所名の入ったプレートが並び、来訪者は事業所の存在を確認できます。こうしたバーチャルオフィスでは、常駐できるオフィスを構えることはできませんが、必要に応じて建物を利用できる点で、賃貸オフィスとして十分活用できると言えるでしょう。バーチャルオフィスであっても、法人の登記は可能であり、開業届を出す際に事業所の住所として税務署に登録することもできて、大変便利です。

中央区で賃貸オフィスは多方面からのアクセスの良さがあり企業も多く、老若男女様々な人々が行きかう場所です。