住めばもっと良さが分かる!?狭小住宅のメリットとは


様々な費用を抑えられる

狭小住宅は狭い土地に建てるため、土地代が安く済みます。また、土地や建物に課せられる都市計画税や固定資産税もそこまで高くなりません。さらに部屋数が限られる分、光熱費も無駄に使わずに済むのです。もしも傷をつけてしまったり、自然災害などによって破損した場合でも、普通の住宅より修繕費用や期間も抑えられます。

とにかく利便性が良い

狭小住宅は主に都市部に建てられます。バスやタクシー、電車など公共交通機関が充実しているため、通勤や通学が楽になります。また、都市部には様々な商業施設や病院なども揃っているため、買い物や通院にも困りません。

内装をこだわることができる

家が狭い分、工夫を施すことで十分広さを感じられるため、狭小住宅に住む人の多くは内装にこだわりを持っています。例えば、部屋をなるべく壁や扉で仕切らない方法です。ただでさえ狭い空間に壁や扉を配置すると、尚更窮屈に感じるのです。思い切って取り払ってしまえば、家の大きさ自体は変わらないものの、開放感が生まれて広く感じることができます。プライベートな空間を確保したい場合は、その部屋のみ壁を作るなどの工夫をしましょう。また、収納などを増やしたいという場合には、地下室を作ることで余裕が生まれます。

さらに狭小住宅が作られる場所によっては、周囲が高い建物ばかりで太陽光がしっかり入らないということもあります。そのような場合には、吹き抜けや中庭を作りましょう。明るさを取り入れられるとともに、視覚的に広く感じられます。

狭小住宅は、15坪未満の土地に建築される住宅です。建築には制限を受けることが少なくありません。ただし、この種類の住宅に特化した事業者も増え、希望の間取りを得られる可能性は十分にあります。