ITを活用しよう!住宅設計は可視化できる!


間取り図だけではわかりにくいのは事実

住宅設計をするときには平面に示された間取り図を使って考えるのが一般的です。住宅業者に設計を依頼したときにも各階の間取り図が示され、その図面を見ながらどういう設計にしていくかを打ち合わせすることになります。平面図から実際の住宅の様子をイメージできるような想像力がある人なら問題はないかもしれませんが、実際には間取り図だけではどんな住宅になるのかが想像できない場合が多いでしょう。わかりにくいのは事実なので、間取り図だけで納得してしまわないようにするのが肝心です。それで妥協してしまったためにイメージしていたのとは随分様子が違ったと後悔しているケースも決して少なくはありません。どのようにしたらもっとイメージしやすくなるのでしょうか。

3Dで見られる業者に相談しよう

イメージしやすさという点ではやはり3Dになっているのが理想的です。平面で示された間取り図ではどんな設計になっているかがわかりにくくても、3Dにして可視化されればよく理解できるでしょう。ITが住宅設計にも活用されるようになり、従来は間取り図に平面で示されていた設計図がパソコン上で3Dにして表示できるようになっています。業者によってソフトウェアを取り入れているかどうかは異なりますが、探してみればきっと使っている業者が見つかるでしょう。それを条件にしてこれから相談を進めていくかを考えたいということを予め電話やメールなどで聞いてみると効率的なので、積極的に候補となる業者を探してみましょう。

千葉の注文住宅を建てるエリアとしては、東京都や成田空港へのアクセスも良く、大型商業施設がある船橋市や市川市が人気です。