賃貸選びで見るのは間取り以外にもある?賃貸選びで注意すべきポイント


備え付けの家具の調子をみる

賃貸物件では備え付けの家具も大きな判断材料となりますが、ただ単に「クーラー・冷蔵庫完備」などの情報を鵜呑みにするのは危険と言えるでしょう。備え付けの家具というのは前の住人がどの様に使ったか、また前住人が去った際にしっかりクリーニングされているかが管理会社によってまちまちだからです。そのため冷蔵庫はきちんと食品が冷える様になっているか、クーラーはきちんと稼働するかは絶対にチェックしておきたいポイントと言えるでしょう。またこの際に忘れてはならないのが匂いの問題です。その部屋で暮らすとなると匂いの問題は長期的に付き合っていくことになる重要なポイントです。部屋やクーラーから異臭がしないかはよく確認しておくべきでしょう。稀にクーラーにカビが生えていることもあり、健康被害にも繋がりかねないため大切なチェック事項なのです。

周囲の住民からの騒音がどの程度か

部屋の間取りや設備がいくら良くても、ストレスの溜まる部屋になる可能性はあります。それが隣人や上下階の住民による騒音の問題です。特に安い賃貸物件などになると部屋の防音設備が行き届いておらず、歩く足音ですら聞こえてくる場合もあります。また普通に生活している程度の物音が聞こえない場合でも安心するのはまだ早く、小さな子供がいる家庭が近くに入っている場合は叫び声や走る足音に悩まされる可能性があるのです。また大学生なども友人を読んで宅飲みで騒ぐ事があり、並大抵の防音設備や騒音対策では対処しきれません。そのため賃貸物件を見る時は隣人の情報を訪ねたり、日中だけでなく夕方や夜の雰囲気なども可能な限り確認しておいた方が安全と言えるでしょう。

安さよりも大事な周辺アクセス

賃貸を借りる上で誰しもがアクセスの良さには最初に注意を払い慎重に選んでいるかもしれませんが、どのアクセスを優先すべきかの優先順位は予め意識しておく必要があるでしょう。もっとも優先すべきはやはり職場や学校へのアクセスです。通常の生活を送る限り1年間で最も時間を使うのが通勤や通学であり、ここの時間を短縮することでできる時間の余裕は1年単位で見ると数日分になる可能性もあります。通勤通学のアクセスで候補を絞り込んだ後は、運動をする場合はジムやジョギングコースを優先すると良いでしょう。運動は大切なことですが運動をするためのエリアが遠いと、そこに行く手間が面倒で運動そのものを止めてしまう可能性が上がるからです。

最後に見ておきたいのが、食料品などを取り扱っているお店へのアクセスです。食料品は行く頻度が高そうに思えますが買い溜めしておくことができるので職場やジムと比べると頻度は低く、1週間に1度で済むことも多いでしょう。

恵庭の賃貸は通勤や通学に便利な場所にあり、家賃や間取りを比較してから快適に暮らせるように探すと効果的です。