これで完璧!家族構成別使いやすい間取り3選


子供部屋は柔軟な造りに

注文住宅を建てる際には、将来的な家族構成の変化も考えに入れておく必要があります。新居を構えた時は夫婦2人だけだったとしても、子供を持つ予定がある場合は、子供部屋のスペースも計算に入れて間取りを決めましょう。とはいえ、生まれたばかりの赤ちゃんのうちはまだ子供専用の部屋は必要ありません。キッチンなどから子供の様子がよく見えるような、広いスペースを設けるようにすると便利です。

子供が小学生くらいになると、だんだん自分の部屋が欲しくなる頃です。子供が複数人いる場合は、みんなで広い部屋を共有してもよいかもしれません。けれど成長するにつれて、自分専用のスペースが必要になってきます。最初から子供の数だけ個室を用意するという方法もありますが、必要に応じて間仕切りなどでそれぞれに専用のスペースを作るというのも有効な手段です。

夫婦2人なら部屋数を少なく

夫婦2人だけで暮らす場合には、部屋数はそれほど多くなくてもかまいません。住宅そのものをコンパクトなサイズにして、その分質の高い住宅を建てるという方法もあります。生活動線を短くすることで、各部屋への移動距離も少なく抑えると手入れが楽になります。部屋数を少なくするなら、平屋建ての住宅を選ぶのもよいでしょう。平屋建ては、将来的に高齢になった時にも住みやすいというメリットがあります。ただし夫婦2人だけとはいっても、お互いに1人になれる空間を作っておくことも大切です。部屋数を抑える代わりに、趣味のための空間などを作ると楽しいかもしれません。また来客などに備えて、予備の部屋を準備しておくと安心です。

2世帯住宅はプライバシーを大切に

2世帯住宅の場合は、キッチンやトイレなどの水回りを共同で使うのか、それとも別々に設置するのかを最初に考える必要があります。玄関も別々にした完全別居タイプや、個室以外はすべて共有する完全同居タイプなど、2世帯住宅には様々なタイプがあります。親世帯と子供世帯では生活スタイルの違いがあることも踏まえた上で、お互いのプライバシーを尊重できる造りにすることが大切です。

一般的に親世帯は1階部分を使用し、子供世帯が2階部分を使用するという形式が多くなっています。小さな子供がいる場合には、子供部屋の真下が親夫婦の寝室にならないようにするなどの配慮も必要かもしれません。また将来的に、親世帯の住居スペースを使わなくなった時のことも考えておく必要があるでしょう。部屋数が多くなるため、2世帯住宅は全体的に一般の住宅よりも大きな造りになることが多いです。

福岡の風土は夏は暑く湿気があり、冬は玄界灘の影響を受け寒さが厳しいという特徴を持ちます。このような気候をもつ福岡の注文住宅には木造軸組という工法が適しており、住宅注文の際には注意が必要となります。