注文住宅なら地域性に合わせるとなぜ良いの!?地域に合った最適な工法を選ぼう


注文住宅ならば全ての工法から選び放題とは限らない

建売住宅とは異なり注文住宅なら全ての工法から自由に選べると思いがちですが、実際に施工会社へ依頼しようとすると難色を示されることが少なくありません。なぜなら、選択する工法により基礎工事の難易度が変わってしまうので、地盤がかたい地域では深く掘り下げるためには多額の費用がかかり予算オーバーとなりやすいからです。在来工法ならば制限は無いものの、今度は砂地の上に建設する際には地盤の軟弱さから地中深くまで支持杭を打たなければなりません。このため、建築する予定の土地に合った工法がどれなのか事前に調べた上で注文住宅の設計依頼を出さなければ、設計士の努力が無駄となりかねません。

用意した土地の近所をチェックしてみよう

注文住宅ならば事前に用意した土地へ好みの住宅を自由に建築依頼することが出来るはずですが、土地の情報については近隣からの情報が重要となります。土地を購入した不動産会社が古くから地元で不動産業を営んでいるならば、元々該当する土地の事情について役所が持つ情報よりも詳しい内容を把握しているはずです。加えて近所の家をチェックしてみれば、どのような工法で建築されてきたのか事情を早くしやすくなります。建築から年数が経過した後の状況を合わせて確認出来るからこそ、隣近所の情報は注文住宅を依頼する際に参考になりやすいです。

地下室を作れるエリアなら工法が選びやすい

地下室を作るためには、岩盤にすぐ突き当たらない土地が必要になります。地下室を掘ることが出来るならば、鉄筋コンクリート構造の建物まで工法として選択肢に入るので、在来工法だけでなく重量鉄骨造や鉄筋コンクリート構造など様々な工法かを視野に入れられるわけです。工法の選択肢が広がれば、注文住宅ならではの設計の自由度が増すと考えられます。そこで、近隣に地下室を持つ家があるかどうかという情報は事前に仕入れておくと参考にしやすいです。

近隣から浮いた存在にならないよう注意しよう

自分の希望を最大限に活かせる注文住宅だからといって、無制限に好きなってな家を建設してしまうと近隣から浮いた存在になりかねません。周囲を塀と木々で囲む豪邸ならばいざ知らず、一般家庭の戸建て注文住宅は近隣との付き合いに問題が発生しない程度に周辺へ配慮が必要です。地域により景観維持に関する条例が制定されていることもあるので、あまりにも目立つ構造の注文住宅となる場合には外観だけでも周囲から浮かない程度に合わせておくことが理想的です。注文住宅は外観ばかりを攻めなくとも、内装で独自色を出すことがいくらでも出来ます。そこで、周囲の景観に配慮しつつ採用可能な注文住宅の工法を選んでから、内装へ予算を重点的にかければ生活する上での満足度が挙がるはずです。

愛知県は日本でもトップクラスの自家用車率の高い県で、愛知の注文住宅も車庫付きのものがポピュラーです。カーポートにいたっては、住宅のエントランスとのバランスを考えたデザインを希望する施工主が多めです。