賃貸オフィスの利点・欠点とは?オフィス選びのポイントも紹介


賃貸オフィスのメリット

賃貸オフィスは賃貸契約を結んで借りるオフィスです。そのため、施設利用契約を結んで利用するレンタルオフィスや自宅兼事務所の場合と比べて信用が得られやすいメリットがあります。顧客とのやりとりが多い業種の場合はありがたいですね。建物の管理が不要であるメリットもあります。管理費はかかりますが、管理会社がビルの清掃やメンテナンスを行うので管理の手間がなくなります。契約の範囲内であればレイアウトを自由に変えられるのも利点です。自社らしさを内装に取り入れることで、顧客へのアピールにもなるでしょう。

賃貸オフィスを利用するときの注意点

賃貸オフィスは契約を続ける限り家賃を支払い続けなければなりません。自社ビルを保有するのに比べると、長期的に見た場合に支出が多くなる可能性があります。景気変動によって賃料が上がってしまう場合もあるので注意してください。また、契約を結ぶまでに時間がかかるのも注意点です。入居審査や家具の搬入などの作業があるので、オフィスとして使用できるまで1ヶ月はかかると考えた方がよいでしょう。賃貸借契約を結ぶ際には登記簿謄本などの書類が必要となるので、事前に用意しておきたいです。また、レンタルオフィスとは異なり、敷金礼金も発生します。賃貸オフィスには様々なメリットやデメリットがあるので、自社ビルやレンタルオフィスなどとも比較しながら自社に適したオフィスを選ぶようにしましょう。

賃貸オフィスの選び方

賃貸オフィスを選ぶ際のポイントとなるのは、オフィスの広さです。何平米の広さと言われても、どれくらいの広さなのか実際にイメージすることは難しいでしょう。自社の規模や人数に適した広さを把握することが大切です。しかし、間取りが複雑な形をしているとレイアウトの自由度が小さくなり、思ったよりも狭く感じてしまうケースがあります。なるべくシンプルな形の間取りのオフィスを選ぶのが無難です。多くのパソコンを使用する予定なら、OA床に対応しているかチェックしましょう。OA床とはパソコンの配線を床下に収納可能な床のことです。対応していないと床が配線だらけになってしまうので、要確認です。

周辺環境もチェックしておきたいです。駅からのアクセス方法に加えて飲食店やコンビニ、郵便局などの施設への距離などを調べておきましょう。騒音などの問題もあるので、実際に現地に出向いて確認したいです。ビルに入居しているテナントも重要であり、自社と属性の合わないテナントが多いと販促活動に影響が出る可能性があるので注意してください。

港区で賃貸事務所を構えるメリットは、交通の便利さとブランド力です。有名企業や大使館が多く、一段上の大人な流行の発信地として常に進化し続けています。また、緑豊かな街としても有名です。